Ladakh Bike Trip

バイク旅(ラダック編)




ラダックの走り方① バイクの旅とラダックの道編 // インド2018

レーでオートバイをレンタルし、延べ3週間ほどラダック中をツーリングしましたので、その情報を載せておきます。(2018年8月~9月)

情報量が凄いことになりそうなので、何回かに分けて記事を書く予定。
今回は「①バイクの旅とラダックの道 編」です。

Ladakh Bike Trip
【パンゴン湖に行く途中にあるChang La(5360m La=峠)】
 

icon-list 関連記事
ラダックの走り方② バイクのレンタルラダックの走り方② バイクのレンタル
レーでバイクを借りる方法を解説してます。
ラダックの走り方③ バイク旅の準備・装備ラダックの走り方③ バイク旅の準備・装備
バイクのチェック、ガソリン、装備、パーミットの解説をしています。

 

バイクでラダック中を駆けまわる

標高3000m以上にあるラダック地方は、インドの中ではバイクツーリング天国としても知られていて、インド人やヨーロピアンのライダーが多い。

インドの道は日本と同じ左側通行なので、日本人にとっては走りやすく、レーで簡単に安くバイクを借りることができるので、バイク旅をしやすい環境が整っていると思う。

自分は5年前と今年の2回、走った場所はパンゴン湖(パンゴンツォ)、モリリ湖(ツモリリ・ツォモリリ)、ヌブラ渓谷、ダー・ハヌー地方、ザンスカール地方、レー周辺とアルチゴンパ、ラマユル。
ラダック地方でバイクで行ける所はほぼ走った。
現地の治安は良く、全く問題なしでした。

Ladakh Bike Trip
【パンゴン湖への道 バイクと弟氏】

バイク旅の魅力は、自分の好きな場所へ行くことができ、自分の好きな場所で止まって休むことができる自由さにあると思う。

同じ道をバスの窓から見た景色と、バイクに乗って見た景色では全く印象が違う。
こんなに美しい場所を走っていたのか!と驚く事もしばしば。

バスやタクシーの移動だと、目的地から目的地へ、点から点の旅なのだが、バイクは線の旅。
道中もラダックを自分の体で十分に味わう事ができます。

自分の判断と技術と体力でその場所に行ったという事実。
非常に疲れるが、達成感と感動は格別です。

鬼注意!
パンゴン湖、モリリ湖、ヌブラ渓谷、ダー・ハヌー地方をバイクツーリングする場合、パーミットの関係上、二人乗りのタンデムツーリンクか複数のグループツーリングでしか行くことができないので注意されたし!

 

ラダックの仁義なき運転

ラダックに限らずインド全般に言えるのが、運転の荒さ

対向車がいるのに平気で追い抜きをかけたりするドライバーも居るので、そんなドライバーに出会ったら極力スピードを落としてやり過ごしていた。
インドでは先に突っ込んだ者が優先であるという考え方が強いので、乱暴者に会ったら、素直に譲ってました。

ブラインドコーナー(先が見通せないコーナー)も突っ込んでくる車がいるので、そこでは必ずクラクションを鳴らしていた。
突然横断する歩行者も多いので、道路脇に人を見かけたら、これもクラクションを鳴らして自分の存在をアピール。
インドは交通ルールがあって無いような国なので、クラクションがうるさいのは、ある程度仕方のない事だと思う。

Ladakh Bike Trip
【ヌブラ渓谷への道 ブラインドコーナーが多かった】

ラダック地方は軍の基地が多く、ノロノロ運転の大きな軍用車が大量に走っている。
しかし、軍用車は紳士的なドライバーが多いのが印象的。すんなり道を譲ってくれたりします。
これだけでアーミーの印象が良くなるから不思議。

あと、日本とウインカーの出し方が全く逆の場合あって、
一本道で、前に遅いトラックが走っているとします。
そのトラックが道路の左へ寄って、右にウインカーを出すと「道を譲るので先に行け」という合図です。
日本でそれをやると、Uターンの合図ですな。

ああそうだ、忘れるところだった。
ルール無用、本能のままに蠢く危険な連中が他にも居た!
ラダックの大自然に住む動物だ。
牛馬ヤクは比較的動きが遅いのだが、はすばしっこいので特に注意!
自分は羊で痛い目を見ました。この時の事はザンスカール編で書こうと思います。

安全第一郎
・ゆっくり走る。
・疲れをためない。
・無理をしない。
コレが基本!

 

上へ行くほど過酷なラダックの道

交通量の多いレー~ラマユル~カルギルの幹線道路などは綺麗に舗装されてて非常に走りやすく、走行距離も稼げる。
それ以外の道路は、穴ぼこや減速帯やダートロード(未舗装路)が突然出現したりするので、ゆっくり走ってました。
標高5000m近辺の峠は、ほとんどが舗装されておらずダートで、しかも工事中の所が多く、気を抜いていたらコケるほど石が浮きまくっています。しかも空気が薄い。
非常に過酷な状況で働く労働者の方々には頭が下がります。

Ladakh Bike Trip
【Khardong La 標高5000m以上で道路工事中 お疲れ様です!】

インド人ライダーを見てるとほとんどの人がプロテクター類を身につけていた。
ダートロードを走るなら、少なくとも膝プロテクターはあった方が安心。
一日50Rs-100Rsでレンタルできるし、アウトドアショップでも購入できる所があります。
肘と背骨を守るライダージャケットがあるとさらに安心。
バイク用品のレンタル屋で借りる事ができます。
レンタルや装備関係の詳しくは、後ほど記事を書く予定です。

 

川渡りは綱渡り

ラダックをバイクで走っていて気をつけるべきは、道を横切る川。
もし川の途中で転倒し、バイクを全て水没させるような事があれば、一発でバイク旅終了です。
 

川渡りのある場所
パンゴン湖(8月頭、湖に近い場所)
ザンスカール地方(8月末~9月頭、ランドゥム周辺からパドゥムにかけて)
モリリ湖(9月中旬、寒い時期に行ったので川は無かったが、Namshang Laの手前辺りに川の跡があった)
上記以外に、マナリ~レーマナリ~スピティの道も川渡りがあるようです。ヌブラ渓谷、ダー・ハヌー地方、レーからカルギル間は問題無しでした。

 
自分がザンスカールへ行ったときは、下の映像のような水位だった。バイク(ロイヤルエンフィールド350cc)のサイレンサー部分が完全に水没してしまいブクブクいっていて、エンジンが止まってしまうか不安だったが、大丈夫でした。


【Ritu Sainiさんの映像より】


【Delhi Dudesさんの映像より】

川の深さが分からない時は、先に渡る車やバイクの動きを観察し、安全なルートを走る。
周りに自分しか居ない場合は、サンダルに履き替えて、まず歩いて深さやルートを確認してからバイクで渡ってました。
横着して靴のまま渡って濡れてしまうと、標高が高いため体温を奪われるので、面倒でもサンダルに履き替えるようにしていた。

あと、二人乗りの場合は、一人は川を歩いてもらい、一人乗りで渡った方が成功率が上がります。バイク2,3台のグループで行くのも、お互い助け合えるので良いと思う。

川を渡るのが難しい場合は、いったん諦めて引き返し、水位の低い早朝にアタックするか、みんなで協力して石を投げ入れて道を作るかですかね。
 

ラダックの川の特徴
午後は気温が上昇し雪が溶けるため、かなり増水します。
しかし午前中の寒い時間帯は、川の水量がほとんど無いです。
夕方走ったときは凄い水量で苦労した川が、翌日の朝走ったときは完全に干上がっていたりします。

 
これは知らなかったんですが、エアクリーナーが濡れてエンジンが止まってしまった場合の乾かし方が以下の映像にありました。
排気ガス噴射で乾燥させるアイデアは凄い。
ちなみに、ロイヤルエンフィールドも乾式のエアクリーナーだったので、この手法は使えるかな?!


【GrimRiderさんの映像より】
 

安全第一郎
事故には十分気をつけて、
ゆっくりゆっくりツーリングを楽しんで!

 
 
次は②バイクのレンタル編につづく!!
 
 

※上記の情報は年月が経つと変わってしまうものもあるので、アドバイス程度とお考え下さい。バイク旅はある程度リスクが伴いますので、自己の責任において行って下さい。上記の情報などを利用したことによって起こる損害についての責任はこちらにはなく、補償は一切できません。

 
 
 
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
投稿者:タミオーTamioo ネパールにて
www.tamioonews.com/
 
 

読み手を選ぶ狂気の旅日記本
タミオー日記発売中!
footer drawing tamioo

このバナーをクリックしてアマゾンで何かお買い物をされると、ワシ大変に喜びます。
何とぞ宜しく。。 ┏( ゚益゚)ゞ


2+

質問など、コメントお気軽にどうぞ。