icon bike rent

バイク旅(ラダック編)




ラダックの走り方② バイクのレンタル編 // インド2018

レーでオートバイをレンタルし、延べ3週間ほどラダック中をツーリングしましたので、その情報を載せておきます。(2018年8月~9月)

今回は「②バイクのレンタル編」です。

Ladakh bike trip
【レーからアルチへ】
 

icon-list 関連記事
ラダックの走り方① バイクの旅とラダックの道ラダックの走り方① バイクの旅とラダックの道
バイク旅の概要とラダックの道の状況を解説してます。
ラダックの走り方③ バイク旅の準備・装備ラダックの走り方③ バイク旅の準備・装備
バイクのチェック、ガソリン、装備、パーミットの解説をしています。

 

レンタルバイク屋の「裏の顔」

レンタルバイク屋さんは、レーの町中にたくさんあります。

バイクの中には整備不良のものもあるので注意が必要。
バックミラーの調整とか、プラグの事とか、細かい所まで相談に乗ってくれるバイク屋さんを選んでました。

Ladakh Bike Trip

バイク旅の旅程が3週間以上になる場合はレンタルするより購入した方が自由度があると思う。
中古のバイクを購入したい場合は、レンタルバイク屋で購入可能です。
新車の値段は意外と安いので、下調べしてから交渉に臨むと良いと思います。

ザンスカールで会った韓国のお兄さんはレーのレンタルバイク屋でロイヤルエンフィールド・ヒマラヤンを1700ドルで購入して乗っていて、バイク旅の後は、同じバイク屋に買い取ってもらうと言っていた。

 

えらく自由度のあるレンタル方法

数日前か前日にバイク屋に行き予約。
ほとんど口約束でOKだが、中にはデポジットが必要な店もあり。
朝早く出発する場合は、前日の遅い時間から追加料金無しで貸してくれます。

バイクを借りる時に書類に記入し、パスポートのコピーとライセンスのコピーを提出し、レンタル料を支払います。
ライセンスは日本の運転免許証のコピーで大丈夫でした。3カ所の店からレンタルしましたが国際免許は必要なかった。
免許証が日本にある場合は、日本からスキャンデータを送ってもらい現地でプリントアウトすると良いと思う。
 

必要書類
●パスポートのコピー
●インドビザのコピー ※必要ない場合もあり
●日本の運転免許証のコピー

 
レンタル料は一括払いでも良いし、初日分だけでも良いという感じで自由度がありました。旅程が延びた場合は、超過日数分を払います。

ヘルメットは無料で貸してくれます。
膝・肘プロテクターは有料で貸してくれる店もあり。1日100Rs(約160円)程度。
長期旅になると荷物や予備のガソリンタンクを載せるためのバイクのキャリアーが必要になります。これは1日200Rs程度で取り付けてくれます。
バイクを借りる日数が長くなると、交渉次第でプロテクターもキャリアーも無料になったりします。

ガソリンは日本のように満タン返しという制度ではなく、バイク屋からほとんどカラの状態で借りて、ガソリンスタンドで自分で走る分だけガソリンを入れます。

この制度がなかなか良く出来ていて、返す時、タンクにあまったガソリンはバイク屋がちゃっかり抜いて、自分らのものにしています。
チップ代わりとしてそのまま返しても良いし、次にバイクを借りる時のために、予備のポリタンクに抜いてから返すという手もあります。
透明のチューブが市場で安く買えるので、移すときはそれを使うと良いです。

 

お勧めの「ユルい」レンタルバイク屋さん

Ladakh Bike Trip

このバイク屋さんで合計4回バイクをレンタルしました。

ザンスカールの長期ツーリングの時は、こちらのリクエストで新品タイヤに交換してくれたり、チェーンオイルやプラグやヒューズなんかを準備してくれたりとお世話になりました。

オーナーさんも従業員さんも非常に親切。
いつも眠そうな顔のお兄さんと、草食系の優しいお兄さんが従業員で、こんなんで店やっていけるのかと思うほど、ほんわかユルい。
ガツガツしてなかったので、とっつきやすかったです。

★TORO ADVENTURE BIKERS
Zangsti, Upper Tuckcha Road
Leh-Ladakh
 
toro-adventure-bikers

 
場所はこちら

 

レーでレンタルできる純インド産のバイク

これはインドじゃないとなかなか乗れない貴重なバイク達ですよ。
一通り全て乗ってみました。
乗り比べできるのはレンタルの良いところですな。
 

bike icon ロイヤルエンフィールド 350cc

Royal Enfield 350cc
1日レンタル料相場:1000~1400Rs(約1600~2240円)
1リットル燃費:25km~30km
ガソリンタンク容量:13.5リットル

Ladakh Bike Trip

ラダックでは一番メジャーなバイク。
否、インドといえばこのバイクです。

洗練されたバイクというよりはトラクターのような無骨な車体とエンジンの作り。鉄のカタマリ感が凄いです。
まさにクラッシックバイク。

メーカー表示では車重192kgとなってるが、もっと重いような気がする。
センタースタンドを立てるだけで一苦労で、靴底に穴があくんじゃないかという位踏ん張らないと立たない。
おっさんの体力が落ちているという事実を考慮に入れても、重い。

エンジンは超低回転で太いトルク(パワー)を使ってドコドコと走る感じ。
エンジンの自己主張が凄くて、自分の足の間でガソリンが力強く爆発している感覚がダイレクトに伝わってくる。
10年以上色々なバイクに乗ってたが、これほどエンジンを身近に感じたことは無い。
馬力がどうのとか、旋回性がどうのとか、言う以前に、単純にロイヤルエンフィールドで走ってるだけで自分が強く逞しくなったような気分になる。
乗ったこと無いけどハーレーとかもそんな感じなのかな。
オトコの気分を盛り上げるけしからんエンジンです。

二人乗りでザンスカールとヌブラ渓谷を走ったが、パワー不足は感じなかった。
車体が重たいお陰で、走行中の安定感はあると思う。

1リットル30km走るとして、フルタンクで400km前後走る。意外と燃費が良いです。
パンゴン湖だったら、フルタンクで往復できると思うが、念のためバイク屋さんに確認されたし。

エンジン始動はセルとキック両方できます。

※メーター類はだいたい壊れています。

メーカーサイト
https://www.royalenfield.com/motorcycles/classic-350
 
 
 

bike icon ロイヤルエンフィールド 500cc

Royal Enfield 500cc
1日レンタル料相場:1400Rs前後
1リットル燃費:25km?
ガソリンタンク容量:13.5リットル

Ladakh Bike Trip

基本的には350ccと同じ。エンジンパワーがあり、走りやすいです。
レーからアルチコンパ往復で乗ったのみなので、燃費は良く分かりません。
パワーがある分350ccよりは燃費が悪いと思われます。

メーカーサイト
https://www.royalenfield.com/motorcycles/classic-500
 
 
 

bike icon ロイヤルエンフィールド ヒマラヤン 411cc

Royal Enfield HIMALAYAN 411cc
1日レンタル料相場:1600~2000Rs(約2560~3200円)
1リットル燃費:25km~30km
ガソリンタンク容量:15リットル

Ladakh Bike Trip

コレはイイ。コレは実に良いバイクですよ。

見た目も個性的でイイ。

ラダックの道路状況にピッタリなんですが、いかんせんレンタル料が高い。笑
5年前のラダックには無かったので、ロイヤルエンフィールドが新開発したバイクのようです。

エンフィールドのようなドコドコしたエンジンの振動はほとんどなく、日本のバイクのようなエンジンフィーリングです。モーターみたいな感じ。
エンフィールドのような太いトルクはありませんが、回せばパワフルです。

メーター類も良いです。
スピード、回転数、ガソリン残量はもちろんのこと、デジタル表示でギアのポジションや方角まで分かってしまう情報てんこ盛りで、ジェット機を操縦しているかのような演出。
こちらもオトコの気分がいやがおうにも盛り上がります。

安全第一郎
キュイーンと動くメーターがかっこいい!
(壊れてなければ)

サスペンションはオンロードではフワフワした印象で眠くなってしまうぐらい快適。
オフロードは非常に楽しく走れます。
シート高は高そうに見えますが、サスが結構沈むので足つきはかなり良い。
足つきはエンフィールドとあまり変わらないです。

重心が高くフロントが重たいので、町乗りは神経を使いますが、長距離のオン・オフは非常に快適に走れました。

ラダックの道を走るのが楽しく、思わず欲しくなってしまった。
新車で26万円位で買えます。
上にも書いたが、1700ドル出せば中古で買えるらしいです。

これはベタ褒めですな~。

メーカーサイト
https://www.royalenfield.com/motorcycles/himalayan/bike/
 
  
 

bike icon BAJAJ Avenger 220cc // V15 150cc

1日レンタル料相場:800~1000Rs(約1280~1600円)
1リットル燃費:30km以上走る
ガソリンタンク容量:13リットル

かなり安く借りることができます。
フルタンクでパンゴン湖の往復は十分可能。
一人乗りで走る分には問題ありませんが、二人乗りだとパワー不足で厳しいかも。
レー周辺だったら二人乗りでも問題ないと思う。

※メーター類はだいたい壊れています。

メーカーサイト
https://www.bajajauto.com/motor-bikes/avenger-street-220/home
https://www.bajajauto.com/motor-bikes/v/home

 
 

バイクの盗難より、入り口の車がカギ

レーのバイク屋さんの話だと、ラダック地方ではハンドルロックをしていれば盗難の心配は皆無とのこと。
しかし、カルギルではガソリンを抜き取られる事があるそうなので、パーキング付きの宿に泊まった方が良いとのこと。
インドではガソリンが高価なのが原因。

自分の場合も、なるべく盗難を避けるよう、大きな町ではパーキング付きの宿を選んで泊まっていた。
そんな宿にも別の落とし穴があって、いざ出発という時になって、入り口に車が停まっててバイクが出せないという事が多々あったので、出発前日に宿オーナーにしっかり念押しするようにしてました。
先手先手を打って、ラダックのおおざっぱおおらかさと戦う必要があります。

やむを得ず外で夜にバイクを駐める場合は、念のためチェーンと南京錠をしてました。(レーの市場で安く購入できます。)
 

安全第一郎
インドの他の地域に比べたら
ラダックの治安は良好!

 
 
次は③バイク旅の準備・装備編につづく!!
 
 

※上記の情報は年月が経つと変わってしまうものもあるので、アドバイス程度とお考え下さい。バイク旅はある程度リスクが伴いますので、自己の責任において行って下さい。上記の情報などを利用したことによって起こる損害についての責任はこちらにはなく、補償は一切できません。

 
 
 
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
投稿者:タミオーTamioo ネパールにて
www.tamioonews.com/
 
 

読み手を選ぶ狂気の旅日記本
タミオー日記発売中!
footer drawing tamioo

このバナーをクリックしてアマゾンで何かお買い物をされると、ワシ大変に喜びます。
何とぞ宜しく。。 ┏( ゚益゚)ゞ


3+

質問など、コメントお気軽にどうぞ。