国境

 タイ




メーサイ・タチレク間でのビザランはイミグレ係員に注意

2019年4月上旬にタイのチェンライからメーサイへ移動し、ミャンマーのタチレクの国境でビザランをしてきたので、その情報を載せておきます。(ミャンマーのビザ免除期間中です。)
 


タミオーが描く「旅の4コマ漫画」インスタはこちら
旅のコマんドー

チェンライからメーサイの国境へ

メーサイ行きのバスはチェンライの中心のバスターミナルから出ています。
 

チェンライ バスターミナル
【新しくなったバスターミナル】
 

バス
【メーサイ行きのバス】
 

ザ・ローカルバスです。エアコンという気の利いたものはありません。

バスターミナルの7番乗り場から出ています。本数はたくさんあるので、いつ行っても良いと思います。

メーサイまで39Bです。所要時間は1時間半~2時間

途中で客が頻繁に乗り降りするので、なかなか目的地に着きませんでした。

メーサイのバスターミナルに着いたら、国境までは4kmほど離れているのでソンテウで移動します。

到着したバスの目の前に赤いソンテウが停まっているのでボーダーに行くか聞いて乗り込みます。客が集まり次第出発。料金は一律15Bです。所用時間は10~15分程度です。

上記の行き方の他にチェンマイから直接メーサイに行くグリーンバスがあります。そのグリーンバスに安く乗る方法を記事にしました↓

グリーンバス(Green Bus)のVIPに安く乗る裏技 – チェンマイからメーサイ / チェンコーングリーンバスのVIPに安く乗る裏技
チェンマイからメーサイ・チェンコーン行きVIPバスに安く乗る方法です

 

国境を越えミャンマーへ イミグレ係員に注意

国境
【タイ側の国境の建物】
 

国境のゲートに着いたら、左側の入り口から入りタイの出国手続きをします。
arrow
小さな川に架かる橋をミャンマー側へ渡ります。
arrow
ミャンマー入国のイミグレは右側に変わるので、道路を横断します。
arrow
ミャンマーのイミグレでの入国の手続き。

以下イミグレ係員とのやりとり。

部屋に入るとイミグレ係員が「ミャンマー側に滞在するか、1日だけのビザランか」を聞いてきます。

「ビザランする」と答えました。

すると係員がパスポート預かりのカード(パーミット)をちらつかせてきました。

このカードは、以前ビザが必要だった時、特例的に500B(or 10ドル)を払えばミャンマーに一時滞在が認められるパーミットで、ビザ免除の現在は必要無いはず。。

「日本人はノービザでしょ?」と言ったら係員は静かになりました。

その後カードの記入もありませんでした。

 
イミグレ係員がビザ免除の事を知らない人(日本人・韓国人)から500Bを巻き上げようとしていたようです。払う必要はありません。ビザ免除期間中は無料です。
arrow
入国スタンプを押してもらってミャンマーに入国します。

 
2019年6月追記:再度ビザランしたところ、この係員は居らず何の問題もなく入国出来ました。)
 

※一部ブログでは入国スタンプも出国スタンプも同時に押してもらえると書かれてありましたが、入国スタンプのみでした。ビザ免除と関係の無い欧米人は今まで通り10ドルを払って入出国スタンプを押してもらい、その場でとんぼ返りしてました。
 

タイへ戻る

タチレク(あまり活気が無く面白くなかったです)を少し見て回り、次はタイへ戻ります。

戻りは右側から入り、ミャンマーの出国手続き。問題なく出国スタンプを押してもらいました。

そして橋を渡り左側へ横断し、タイの入国カードを記入し、無事にタイ入国スタンプを押してもらいました。

タイへ陸路でのノービザ入国は年間2回までです。パスポートに②と番号が書かれ、係員に今年はこれでラストだと言われました。

帰りもソンテウに乗ってメーサイのバスターミナルに移動し、バスターミナルからチェンライに戻りました。
 

感想

初めての陸路ビザランでしたが、ミャンマーの入国でボられそうになった事以外は、意外とスムーズにやる事ができました。




筆者プロフィール
旅が人生。なるべくお金を節約し世界の隙間をふらふら生きる。読み手を選ぶ狂気の旅日記本「タミオー日記」の作者。旅マンガも描きます。
タミオー日記 : www.tamioonews.com
旅マンガ : instagram.com/tabi.koma/
ツイッター : @tamioonews


2020せかいの旅カレンダー 発売中


ゆ る 募
どなたか日本からインドのダラムサラへ行く予定ありませんか?
旅行のついでにダラムサラにある日本食堂「ルンタ」にタミオー日記vol.5を一冊届けてもらえませんか? 詳しくはこちらまでお願いいたします!


読み手を選ぶ狂気の旅日記本
タミオー日記発売中!
footer drawing tamioo

質問など、コメントお気軽にどうぞ。

CAPTCHA