精神世界の旅




瞑想合宿10日間コース 中篇

平静な心を保って観察し続けると、その感覚は必ず滅してゆく。永遠に続く感覚など存在しない。を理解した上で瞑想し、観察する事によって体感する。諸行無常を体感する。らしい。

5日目。瞑想で集中しすぎて頭が痛い。二度目の「やめて帰りたくなった」病。午前中はかなり休憩をする。古い生徒さんは良く座っておる。身じろぎもしない。それを見て、なんと座りなれた人達なんやろ。座り方にコツがあるのだろうか?と見ておった。初日からずっとそう思っておった。

ある時、瞑想中、段々尻が痛くなってくる。「ああ、いやだ、いやだ、休みたい!休みたい!体勢を崩して、ゆっくりしたい!」と考えておる自分に気づく。これはもしかして痛みを嫌っておるという事なのではないのか?と。痛み、いやな感覚も、心地よく好きな感覚も、身体に起きては必ず過ぎ去っていく感覚。同一の感覚。そう、今までは、好き嫌いで判断していた。嫌いな感覚が生じると逃げていた。ということに気が付いた。体感で理解した。その時、痛みを客観的に観察する事を学んだ。痛みを受け入れた。

感(;д;)動

「大空を様々な風が流れていく。冷たい風、熱い風、心地よい風、汚れた風、強い風、やさしい風、それらが、ただ、現れては去ってゆく」講話より

しばらくボーとして、涙が止まらなかった。これ、すばらしい瞑想法だ。よし、残りの日数、この瞑想を味わい尽くしてやるという思いが湧いてきた。自分の心の変化を実感する。人が全然怖くなくなってしまった。体から余計な力が抜ける。特に腰骨周辺のりきみが抜けた。

話す事やコミュニケーションが禁じられている「聖なる沈黙」のため、やる事が無い。頭の中で色々想像を巡らせて周りの人を観察。いい感じで力が抜けていて、しかも繊細に意識がゆき届いている歩きの人が多い。まるで時代劇の武士を見ているようだ。非常に美しい歩きをする人が多い。人の動きと外見だけで、時代劇の配役を考える。この人は孤独の浪人で主人公、この人は小次郎、この人は下っ端のがさつな浪人。町人。悪代官。など。かなり脳内で楽しんでおった。

6日目。相変わらず1日10時間瞑想。この10日間、一日10時間の修行の持続がこの瞑想では非常に重要らしい。これにより、心の深い部分まで到達しそれを浄化するらしい。昼の質問時間に先生より「自由な流れを感じるか?」と聞かれる。何それ?何も感じない。夜の質問時間に先生に質問してみる。シャワーを浴びた時の水の流れる様な感覚。??その質問の時に痛みを観察することができたと先生に感謝を伝える。

7日目の後半。ホール内にいつも微風が吹いておったので、その感覚なのか。と思っておったが、もしかしたら、これが「自由な流れ」なのか?と感じる様になる。

8日目。やはり風ではなく、これが「自由な流れ」だと気が付く。風が当たっていない組んだ足の指先にも風を感じる。うわ。なんなんだ。これは、オーラか?自分の体から何かが立ち登っているような感覚。青白い炎の様に感じる。実際に炎に焼かれた事は無いのだが。。最近段々長時間瞑想できるようになってきた。痛みを客観的に捕らえる事が出来るようになってきたからだろうか。不思議と長時間になればなるほど瞑想が深まっていく。身体感覚が抜ける。座ったお尻の痛みを中和するためにグググと自然に集中が研ぎ澄まされていくかの様だ。ここら辺になってくると、一日10時間の瞑想の辛さより、色々な体の変化を観察する方が楽しくなってくる。ある時、どうしても足の先の感覚が良くわからない。なんとか探ろうとするが、尻からの痛み情報が大きな波となって押し寄せてくる。くそう。むりやり集中。向こうから光が。。。わーーと川面に反射した様な光の集まりがキラキラとせまってくる。意識を足から、胴体へ。あ、胴体内部が光で満たされておる。意識を頭の方へ移動させると、その胴体内部の青白い光の一つが意識と一緒にスーっと頭頂部へと登ってくる。本当か?? 2度繰り返したが2度共登ってくる。こりゃ本物だ。。。不思議だなあ。。。一日の締めくくりは相変わらず長い夜の講話。で8日目終了。あと2日。

つづく

読み手を選ぶ狂気の旅日記本
タミオー日記発売中!
footer drawing tamioo

旅の4コマ漫画ブログ始めました。 旅のコマんドー

このバナーをクリックしてアマゾンで何かお買い物して頂くと、ワシ大変に喜びます。何とぞ宜しく。 ┏( ゚益゚)ゞ

質問など、コメントお気軽にどうぞ。