インド




デリー空港の保安検査職員による盗難疑惑@インド2018

自分や知人の場合は未遂で終わったのですが、デリー空港の保安検査職員による、実際にあった手口を公開したいと思います。

デリー空港

2013年にデリー空港で被害に遭いそうになりましたが、2018年でも未だにこの手の行為が行われている事に驚いています。

空港は綺麗になったのに、一部の保安検査職員のモラルは、残念ながらそのようにはなってないようです。
 


タミオーが描く「旅の4コマ漫画」インスタはこちら
旅のコマんドー

場 所

デリー空港(インディラ・ガンディー空港)
・国際線の出発の保安検査。
・国内線第2ターミナルの出発の保安検査。

手 口

いずれも出発時の保安検査場で、エックス線検査とボディチェックの係員がグルになって行われます。

通常、手荷物検査はパソコンのみカバンから出せば良いのですが、デリー空港では全ての電子機器をトレイに出さないといけません。

金属反応が無くてもボディチェックされるなど、保安検査が非常に厳しいです。係員はその厳しいルールを利用しているようです。

. . . . . . . .

●2013年10月 国際線ターミナルの出国
ボディチェックを受け、本人は通り抜ける。
arrow
貴重品は2度、エックス線検査に通される。
arrow
本人の目の届かないエックス線検査機の向こう側で、係員が周りを伺いながら貴重品をあさっていたので大声で抗議した。

結果、何も盗られてませんでしたが、抗議しなければ何かしら盗られていた可能性が高かったのではないかと思います。

乗客本人の目の届かない所で係員が勝手に手荷物・貴重品に手を触れて良い理由はありません。
何かしら手荷物に問題がある場合は、エックス線検査機を通した後、乗客本人の立ち会いのもと荷物検査が行われるべきです。

 
. . . . . . . .

●2018年8月 国内線第二ターミナルの出発(一番左のレーン)
トレイにスマホを出し、バックパック、ウエストバックをエックス線検査機に流し、ボディチェックゲートへと進む
arrow
ボディチェックの係員からどこの国の人間か聞かれる。「日本人」と答えボディチェックを受ける。
arrow
ボディチェックが終了し、検査機から出てきたバック2個を受け取り、身に付ける。
arrow
ボディチェックした係員が「終わったので早く行け」と指示を出してきた。
arrow
しかし、スマホだけがエックス線検査の内部に留まっており、流れて来なかったので抗議した。
arrow
エックス線の係員が苦笑いしながらスマホを流してきた。
arrow
その後、ボディチェックした係員が何故か身に付けたウエストバックがダメだと言い始め、ウエストバックの中身を全てトレイに出されもう一度検査機に通された。

抗議しなければスマホは流れてこなかったでしょう。
これは確信犯です。

鬼怒る
後々問題になるインド人の貴重品には手を付けず、移動してしまうと抗議ができない外国人をターゲットにしている模様。

対 策

●自分の持ち物が完全にエックス線検査機に入ってしまってからボディチェックを受ける。
●ボディチェックを受けている時も、自分の持ち物から目を離さない。
●不審な動きを見つけたら、大声で抗議する。
●出てきた貴重品をその場でしっかりチェックする。
●現金やカードはマネーベルトに入れて身につけたまま通り抜ける。マネーベルトは金属探知機には反応しない事が多い。反応してしまった時のために、現金やカードをビニール袋などにまとめて簡単に抜かれないようにする工夫も必要です。

疑 惑

これは非常にグレーな部分なんです。
「乗客の貴重品を独自にチェックするのは安全保障のためだ。」
「スマホは流し忘れてしまった。」
「自分の貴重品を最後にチェックしなかった乗客の責任だ。」
「他の乗客が持って行ってしまったのではないか。」
何とでも言い訳できてしまう部分なんです。

でもそこに悪意を感じたからこそ、今回公開に踏み切った訳です。

ネパールの空港でも保安検査時にノートパソコンを盗られたという人が居ました。インド以外の空港でも注意が必要です。
 
 
以上です。
 




投稿者 : タミオー(@tamioonews
旅が人生。世界の隙間をふらふら生きる。読み手を選ぶ狂気の旅日記本「タミオー日記」の作者です。旅マンガも少し描きます。


読み手を選ぶ狂気の旅日記本
タミオー日記発売中!
footer drawing tamioo


アマゾン ミュージック アンリミテッド 6,500万曲以上が聴き放題。30日間無料体験。いつでもキャンセル・プラン変更が可能。

「デリー空港の保安検査職員による盗難疑惑@インド2018」への2件のフィードバック

  1. デリーの手荷物検査は危ないです。
    他にも、アクセサリーに尖っている部分があるので機内持ち込み不可、ただし機内持ち込み制限品として乗務員預かりにするなら良いと言い、それらしき紙袋に入れて乗務員に預けるから心配ないと言われて飛行機に乗ったら、当然のように届いていない、など。アクセサリーなんかでそんな話になるわけがないのですが。
    保安係員と警察官がグルになってやるそうです。
    早めに保安検査を通過するようにして、何か不自然なことを言われたら航空会社職員を誰でもいいから呼び止めて助けてもらうのがいいのかもしれません。
    黙って荷物を開けることは本来ないので、勝手に開けていたら大声で抗議すること。向こうが強気ならこっちも強気で。こんなことで逮捕されることはないです。

    1. RHさんへ
      情報ありがとうございました!
      自分も「強気で抗議する」が一番だと思います。

質問など、コメントお気軽にどうぞ。

CAPTCHA