考え事




ケツ叩く本

最近久しぶりに小説を読みました。

クレージージャーニーでおなじみ、高野秀行氏の「アジア新聞屋台村」。
辺境好きの旅好き。
めちゃくちゃ面白く読めました。

アジアの濃い匂いのする新聞社。
女性社長のとりあえず何でもやってみるバイタリティが凄い。
ケツを叩かれた気分です。
お前は何をやっとるんだ、と。

読むと元気をもらえる、いや、
何か新しい事をやってみたくなる本です。
周辺のアジア各国にも行きたくなります。
お勧めです。

そういえば、
その昔、東京上野にあった中国人アパート(寮)に
しばらく住んでた事を思い出した。
2段ベッドが置かれた超狭い部屋を中国の人と二人でシェア。
1ベッド1ヶ月3万円。
住んでる人は、学生だったり、料理人だったり。
日本に来てみんな頑張っている。
 
 

アジア新聞屋台村
高野秀行

※表紙はアマゾンさんより転載
 
 




投稿者 : タミオー(@tamioonews
旅が人生。世界の隙間をふらふら生きる。読み手を選ぶ狂気の旅日記本「タミオー日記」の作者です。旅マンガも少し描きます。


読み手を選ぶ狂気の旅日記本
タミオー日記発売中!
footer drawing tamioo

旅の4コマ漫画 インスタはこちら 旅のコマんドー

アマゾン ミュージック アンリミテッド 6,500万曲以上が聴き放題。30日間無料体験。いつでもキャンセル・プラン変更が可能。

質問など、コメントお気軽にどうぞ。

CAPTCHA