ネパール




沈没カトマンドゥ @ネパール

ネパールのカトマンドゥへ来てはや5泊。

いかんなあ。。。ほんとデレデレしとる。チベット越えて来たけんかのお。。魂抜けてなんか全くテンション上がらず。もうすでに日本食4回も食べとるし。。カツ丼、ハンバーグ定食、豚ナス味噌定食、野菜炒め定食。どれもうまい。下手な日本の食堂よりうまい。しかも安い。300円以下。宿も、個室が平気で150円ぐらいで泊まれる(風呂トイレ共同)。ネットは1時間25円。水1L13円。プチトマト1kg30円。おいしいチョコレートクロワッサン1個50円。でっかいピザ1枚300円。ああ、やばい。居心地良すぎる(経済面で)。食堂などに置いてある日本人情報ノートには食べ物の情報がえらく多い。日本人旅行者をここでは良く見かける。現在、こっちも雨季のため湿度高し。洗濯物なかなか乾かず。トレッキングしたかったが、雨季。しかも日数が限られとるためあきらめる。

ここでは日本語の本が本屋で多く売られておる。ほとんど古本で、表紙を開いた所に値段が書いてあって、読んだ後は半値で買い取ってくれる。便利なシステム。レンタルの様なもんやな。ネパールやその周辺の国のガイド本も売ってあった。

タメル地区(観光客が集まる)に豚肉屋のある通りがあって、午前中通ると、死んだ豚(何故か体がオレンジ色に塗られておる)が一頭、台の上に乗せられている。夕方になるにつれ、段々、肉が買われてゆき、バラバラになってゆく。最後には頭と体の一部だけが台の上に残る。腰が抜けそうになる。一見残酷やが、2日目にうまいカツ丼食べてしまったから何も言えない。

昨日、タメル地区の近くのパシュパティ寺の火葬場を見に行く。観光客だけじゃなく、通りすがりの地元の人も座って見てゆく。3時間ぐらいおったが、その間、3体、運ばれてくる。7つある火葬台の前は川。この川はガンジス川につながっておるらしい。灰はそのまま前の川に流される。子供がすぐ近くで水遊ぶ。遺体に着けられておった金品を川底からさらう人あり、火葬に使う干草を食べる牛あり、供物を狙うサルあり。不思議な光景。体は燃えて灰になり自然界に吸収される。魂はバラバラになってどこに吸収されるんやろうか?




この記事を書いた人 : タミオー / Tamioo
旅が人生。なるべくお金を節約し世界の隙間をふらふら生きる。読み手を選ぶ狂気の旅日記本「タミオー日記」の作者。旅マンガも描きます。
タミオー日記 : www.tamioonews.com
旅マンガ : instagram.com/tabi.koma/
ツイッター : @tamioonews


ゆ る 募
どなたか日本からインドのダラムサラへ行く予定ありませんか?
旅行のついでにダラムサラにある日本食堂「ルンタ」にタミオー日記vol.5を一冊届けてもらえませんか? 詳しくはこちらまでお願いいたします!


読み手を選ぶ狂気の旅日記本
タミオー日記発売中!
footer drawing tamioo

質問など、コメントお気軽にどうぞ。

CAPTCHA