ワッツタワー @ロサンゼルス

ロサンゼルスにある、ワッツタワー(Watts Towers)にいってまいりました。
サイモン・ロディアという人が30年以上かけて、一人で作った塔群。
ワッツ地区にあって、この地区は治安が非常に悪い所でも有名らしい。日曜日のある晴れた日、一人で電車で行ってきたが、確かにガラの悪そうな感じだった。駅で兄ちゃん達が屯っているし、塔は駅から徒歩5分位の場所だが、昼間でも人通りは少なかった。女性一人だと危なそう。電車で行くなら男入りの3人ぐらいで行く方がいいかも。車で直接来ている人が多く、車で直接来るならなら安全だと思う。塔の周辺にはベンチがあったりして、のどかな感じ。隣には作品の展示や、ビデオを見たり出来る資料館がある。塔の周辺には柵がしてあって、7ドル払ってガイドと共に入場できる。
塔の材料は拾ってきたゴミと、鉄筋と、コンクリート。
30メートルもある塔もあって、最上地点での作業はかなり命がけだったのではという位、高い。


All photo ©Tamioonews

ネパールに行った時にバクタプルで買った絵はがきを思い出した。
雨乞いのお祭りマチェンドラナートの山車(via GR’EENPUL BLOG)。
機会があれば、こちらもぜひ見に行きたい!車輪の付いた山車のトンガリ具合が最高。

ワッツタワーは、サルべーションマウンテンや、シュヴァルの理想宮に共通するものあり。みなさん30年かけて、一人で手作り。ある時突然、セルフビルドスイッチがONになったという人々ですな。
日本にもこういうの、あるかなあ。ちょっと違うかもしれないけれど、四国にある沢田マンションは手作り。
あとこちらの方も、同じ匂いを感じる。同じ感覚なんです。―10万円で家を建てて生活する― Bライフ研究所

現在、ワッツタワーの価値が認められ保護されてますが、以前は近隣の苦情により、取り壊されそうになった時もあったらしい。周りからいくら貶されようが、自分の内なる声に忠実に生きる人に惹かれる。普通は周りの声や目に負けてしまう。自分もそうありたいと思うけど、なかなか難しいっす。アンテナを外に向けるのもいいけど、自分の内にも向けてみる。でも、自分の周りにある様々な要因の圧倒的な力よ。内なる声など、一瞬でかき消されてしまいそう。意識的に守ってやるしか無いよなあ。
 
 
 
ワッツタワーの場所は以下です。
メトロBlue Lineの103rd Street / Watts Towers駅で下車します。

 
 
 
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
投稿者:タミオー Tamioo
www.tamioonews.com/
 
※Likeやコメント頂けると喜びます。
 
 

0

「ワッツタワー @ロサンゼルス」への6件のフィードバック

  1. この塔僕も見に行って見たいと思ってたんすよ!建築雑誌か何かで見た事あったけど名前とか忘れちゃってて。ワッツタワーって言うんすね!普通の人には出来ない事やっちゃう人って憧れちゃいます。

  2. ゆーいちろさん「よかったですね!ガイドが居ますので、ガッツリとは見れませんが、電車で行けるので便利ですよ。アウトサイダーな人は面白い!」

  3. ふぅぅ??。今頃どうしてるのかなぁと久しぶりにのぞいてみたら、今アメリカ在住なの!?
    本は再版されてるし1冊増えてるし。。。毎日濃い時間を過ごしてるんだな。。
    春に会社を辞めて3ヶ月ヨーロッパに行ってきたよ。今フランス語勉強してます。
    私の内なる声は雑音に掻き消されてるのかな。。。今はまだよく聞こえないなぁ。

  4. yasuiさん「おお、お久しぶりっす。何年ぶりですかな?アメリカに住んでおりますわ。英語をしゃべれないせいか、アメリカに来てからかなり停滞気味で、グダグダになっております。。今週から、英語学校に通い始めたんで、だいぶんましになってきたよ。後は仕事だ!フランス語がんばれ!」

  5. Nakayamaさん「いやーせんせい、まだまだ修行が足りませんよ。精進いたします。」

コメントを残す