東欧




負の世界遺産 @ポーランド

オシフィエンチウム(アウシュビッツ)とそこから3kmの所にあるビルケナウ(第2アウシュビッツ)。クラクフからのバスはアウシュビッツに。この場所は思っていたより狭い場所で、建物が今はそのまま博物館になっている。建物ごとに写真や遺留品や部屋の様子の展示があった。収容されていた人々の顔写真が、最近撮影られた写真のようで、とても生々しく胸に迫ってきた。悲しそうな顔、にらみつけた顔、無表情な顔。ここだけでかなり疲れたので、第2アウシュビッツはやめようかと思ったが、せっかく来たのでがんばって行ってみたら(バスで10分位の所)このビルケナウ、めちゃくちゃ広くて驚いた。ぜひ、両方行ってください。収容されていた人々の建物(バラック)が無数にある。バラックの中は木で作られた簡単な3段の棚(ベット)の上にワラを敷いて人々がその上に寝かされていた。これは養鶏場と同じやなと思った。人が人を家畜の様に扱っていた場所。電流の流れていた鉄条網の向こうに見える50mおきに建っている監視塔。鷹の目だ。とても威圧的に見える。ここに捕らえられた人々はどんな気持ちでこの監視塔を見ていたんやろう。こうやって普通に飯が食えて、風呂に入れて、布団で寝れる事のありがたさを感じた。非常に美しい空と緑の森を背景に規則的に延々と続く鉄条網が印象に残った。

f:id:tamioo:20070911193645j:image

ああ、なんで馬鹿な事を。。。と言うのは簡単やが、その当時それが人の手によって膨大な労力をかけて行われていた。大真面目に。多数の人間の同意が無ければあそこまで大掛かりな事はできなかったのではと思う。価値観とは非常に簡単に移り変わってしまうものなのかもしれない。

f:id:tamioo:20070911193813j:image




この記事を書いた人 : タミオー / Tamioo
旅が人生。なるべくお金を節約し世界の隙間をふらふら生きる。読み手を選ぶ狂気の旅日記本「タミオー日記」の作者。旅マンガも描きます。
タミオー日記 : www.tamioonews.com
旅マンガ : instagram.com/tabi.koma/
ツイッター : @tamioonews


ゆ る 募
どなたか日本からインドのダラムサラへ行く予定ありませんか?
旅行のついでにダラムサラにある日本食堂「ルンタ」にタミオー日記vol.5を一冊届けてもらえませんか? 詳しくはこちらまでお願いいたします!


読み手を選ぶ狂気の旅日記本
タミオー日記発売中!
footer drawing tamioo

「負の世界遺産 @ポーランド」への1件のフィードバック

  1. Quinamonさんへ「変化になかなか気づかないのが怖いですね。ちゃんと意識して生きていかねばですね。」

質問など、コメントお気軽にどうぞ。

CAPTCHA