プラハの感想、国際夜行でポーランド @チェコ

プラハのネットカフェの情報と宿情報をhttp://www.creativestudiobrasil.comのページ上の方「宿、ネット屋情報」に追加しました。

f:id:tamioo:20070831123449j:image

結局プラハには8泊もしてしまった。日差しがとても強かった。後半は曇りがちで8月なのにとても寒かった。長袖シャツ着た。

f:id:tamioo:20070831123657j:image

近未来な建物あり

f:id:tamioo:20070831123450j:image

カレル橋で歌う人。プラハでも観光客が特に多い場所。絵を売っていたり、アクセサリ売っていたり、物乞いの人も居た。石畳の町なのでハイヒールの女性は大変そうやった。あとスーツケースも大変。地元の人のベビーカーの車輪は大きい。

f:id:tamioo:20070831123656j:image

地下鉄の内装のデザインは非常に未来的でかっこええ

f:id:tamioo:20070831123446j:image

プラハ本駅の古い方の建物の彫刻。

f:id:tamioo:20070831123447j:image

プラハ本駅のホーム。

f:id:tamioo:20070831123653j:image

8泊したがあまり好きになれなかったプラハ。町は非常に美しいんやが現地の人の心に余裕が無く少しすさんでいる感じがした。自分の心もすさんでいたのかもしれない。駅前や大通りでは目的も無くさまよってる人や座っている人が多くて少し怖かった。ネット屋の黒人の方のやさしさが救いやったな~。観光客は大量に町に溢れていた。大量の観光客に疲れてしまったんやろうか?町への観光客数を制限をするとか。。。今クラクフに居るのだがこちらの人の方が活気があって明るくやさしい。どうしてこんなに違うんやろ??こちらの駅前とか駅構内とか全く怖くない。国の政策の違いかね?貧富の差が激しい気がする。若者がウロウロしとるもんな~。シーズンオフに行くとまた印象が違ったかも。雪のプラハは非常に美しいらしい。あと、国立人形劇場で「ドンジョバンニ」の人形劇見た。水が飛んできたり、人間の手が出てきて人形とやりとりしたり。アイデア満載コメディタッチでかなり楽しめた。

f:id:tamioo:20070831123654j:image

仕事が落ち着いたので、プラハから移動することにした。しかしプラハからクラクフ、ここら辺の国際夜行列車の治安が悪いらしく、旅行者にフレンドリーに近づき、気を許したすきに睡眠薬入りの飲み物やお菓子で、また、コンパートメント(列車の部屋)に睡眠スプレーを撒布、皆を眠らせてから盗んでいく手口のものがネット上に書き込まれておって、夜行バス(こっちの方が客の出入りが無いので安全らしい)にしようとバスセンターへ。しかしバスはその区間は走って無いとの事。夜行列車、1等なら比較的安全という情報を得て仕方なく怖い駅で予約。そしたら1等の1人の個室がかなり高額で驚いてランクを下げて2人部屋、いや、まだ高いなあ、6人部屋、おお、これなら結構安いぞ!で結局6人部屋に決めて。宿に戻ってチケット確認したら、CL2となっておる。ええ?これ2等やん。1等でと言ったはずが値段を下げたせいでいつのまにか2等を買ってしまっていた。てっきり1等6人部屋があるのかと思っていた。等級の変更をしに2回違う窓口にトライしたが駄目。もうええわいとあきらめて乗り込みました。2等寝台客はかなり少数。全部で十数名か?それで6人用コンパートメントを完全個室状態で乗れる事になった。入り口は厳重にロックしてカーテン閉め切って、「もし自分が泥棒で、客を襲うとしたら夜中12時(夜20時55分発車、朝5時45分着)過ぎやな」と、勝手に想像(いつも最悪の事態を想定してしまう癖あり)して、目覚ましかけて列車が出発してすぐに寝る。夜12時起床。夜の駅を通過したり、止まったりして列車は走る。中国の夜行バスを思い出す。なかなか夜の景色はいい。見えない分、想像力をかきたてられる。夜中の2時半頃国境の町に着いて、パスポートチェック。でも出国スタンプを押してくれない。「スタンプ!スタンプ!」と去っていこうとする係員に大声で呼び掛けると、「ノンノン」と去っていってしまった。ええ?ちょっと常識では考えられんな。まあ、もしかしたらクラクフの駅で到着後にイミグレがあってそこで押されるやろうとその時は思ったんであまり深追いはしなかった。朝、クラクフ駅に何事も無く到着。よかったよかった。そしたらすぐにホステル紹介のお姉さん軍団につかまり、送迎車に乗せられあっという間に宿到着。ようやくホッとして宿のトイレに入る、と、突然、入国審査も無かった事に気がつき、あわてて宿のカウンターの人につたない英語で伝えようとしたら、一緒の列車に乗ってきた若者も押されてないと言う。まあ、あなたも押されてないんやったら仕方ないか。と思うが、なんか不安。ポーランド出国の時にトラブルにならねば良いが。。。ちょっと考えられんな~。そんなにポーランドとチェコは仲良しなのか??

★以下、チェコ・プラハ発→ポーランド・クラクフ行 国際夜行列車の情報。

●2007年8月29日。●2等寝台6人コンパートメント。●チケットは3日前にプラハ本駅にて予約。●値段1069kc。●プラハ本駅発20:55→クラクフ駅着05:45

自分の部屋は一人やったんできっちりドアをロックしたが、他の複数人いた部屋はロックされていなかった。客少ない。乗ったのは水曜日。もしかすると週末に客が多く乗るのかも知れない。そうすると治安も悪くなりそう。車掌にチケットを見せたらその場で回収された。これも少し不安になったが次の朝にスタンプを押して返してくれた。他の人も同じ。パスポートチェックはあったがスタンプは出国入国共無し。パスポートチェックは一回のみ。

ちなみに、うろ覚えですが、1等寝台個室2500kcくらい。あと等級は不明ですが、2人部屋で1人1400kcくらいです。

———————————————————-

プラハで泊まった宿情報はこちら→海外安宿情報

———————————————————-

0

コメントを残す