Fビザの延長 @上海 中国

日本で取得したFビザ(商用)1ヶ月の期限に間に合わなくなってしまったため、上海でビザの延長手続きをやることにしました。業者に頼むと簡単に延長できるのだが、えらく高い。他にはビザの期限切れの前に香港に脱出してそこで新たに取得するという手がある。昆明とかに行けばビザの延長は可能らしいが、できるのは観光ビザのみで、F(商用)はどうやら無理みたい。上海での個人申請は面倒らしいが、まあ、もしだめやったら香港に脱出すればいいか。

宿の人に申請場所を教えてもらい、宿泊証明書、パスポート、証明写真を持って出入境管理局(別名:PSB 住所:民生路1500号 民生路と迎春路との交差点)へ。地下鉄2号線の上海科技館駅(※駅名は日本漢字入れてます)下車、徒歩10分ぐらい。印刷会社の一駅先。用事のある場所が近場で助かる。かなり大きな施設。申請窓口には大量の外国人。

●初日。担当おじさん。どうやらFビザの延長には別の書類が必要らしい。口頭で「会社の営業証明書が必要」と日本語で言われる。出直しやー。まあ第一回目はこんなもんでしょう。会社の営業証明書というのは自分の所の営業証明書なのか、印刷会社の営業証明書なのか確認しておらず。これが敗因。次の日、印刷会社へ行き、証明書を作成してもらう。「本の印刷チェックのため、ビザの延長が必要」という内容の書類。

●後日二度目の訪問。担当おねえさん。書類を一瞬見ただけでつっかえされる。「この書類だけでは不十分。Fビザ担当の別の窓口へ」と言われる。え、そんな窓口あったんすか??その窓口の人に聞くと、ここで初めてFビザに必要な書類リストを渡される。最初から渡さんか~!リスト内の営業証明書は印刷会社の方の重要書類。とても自分が持って行ける立場に無いので、会社のSさんに同行してもらう事になる。本当、迷惑かけます!

●その日の夕方、三度目の訪問。担当おにいさん。また、駄目だとぷいっと突っ返される。本当につれない。。印刷会社からのレター(延長理由の書類)の書式が違っているらしい。うおー。このなんといううまくいかないシステムよ。また出直し。局員の皆さんは全書類にしっかり目を通さずに突っ返してくるので、一カ所づつしか修正する事ができない。これが一番の原因。ここではお役所の権力は強大だ。しかし、ジリジリと目的に近づいている感じはある。

●次の日、四度目の訪問。担当おばさん。ようやく受理してもらう。大変や~大変や~。パスポートの受け取りは一週間後。現地の人に同行してもらうか、英語か中国語が堪能やないとFビザの延長ははっきり言って無理かも。ものすごい達成感。受理してもらった時はうれしさのあまり「謝謝!謝謝!」と言ってしまった自分に対して、かなり大変な手続きやったので「謝謝」は1回でよかったと反省。同行いただいたSさんは「中国の役所はいつもすんなりいかない」と言っておった。ただ、大変なばかりの手続きだったかというと、そうでもない。女性管理局員の方々。皆さんビシっとした制服を着て、非常に態度がでかいんやが、これがまた非常にかっこよかったんです。そういう女性が好きな男性にはたまらないかも。日本ではめったにお目にかかれない様な女性達。おすすめです。試しに上海でビザの延長をしてみてはいかがでしょうか。

Fビザ申請に必要な書類。

●パスポート ●証明写真2枚 3cm x 4cm ●申請書(窓口のフロアにある) ●宿泊証明書のコピー(宿に言って準備) ●取引のある会社の営業証明書のコピー(書類は全てコピーして行った方がいい。もしかしたら確認のため、オリジナルも持っていかなくてはいけないかもしれない。自分の場合は持って行った。ちなみにコピーは管理局内でも可能) ●取引のある会社のレター(窓口のあるフロアの書類記入例の掲示してある壁に、書式例が一緒に掲示してあるので、それを参照) ●取引の契約書などもあればなおいい。 ●受け取り時は160元(一ヶ月ビザ)約一週間で発行

※Lビザの延長はめちゃくちゃ楽みたいです。個人でも簡単に2回までできます。2011年1月の情報。

昨日から急に上海は冷え込んできた。少しのどが痛いっす。

f:id:tamioo:20061217182953j:image

おすすめの朝食。香草、ネギ、少し甘いタレ、サクっとした揚げ物等をクレープ生地で巻き、いただきます。食感と味の絶妙な取り合わせがたまりません。2.5元(33円)

f:id:tamioo:20061217183129j:image

おばさんがすごい早業でクレープ生地を作って巻いて、おじさんはお金の受け取り、材料補充、お客に渡す。二人三脚。こちらも絶妙なコンビネーション。

0

コメントを残す