印刷会社、再訪。 @上海 中国

toilet
「「前に出る一歩は小さな一歩かもしれないが、その文明の大きな一歩である。」」
公衆トイレに入ったら、正面が管理人室になっていて、そこで管理人のおじさんが、晩ご飯の支度で野菜を刻んでいるのがどーんと見えた。トイレで生活する管理人。びっくり。まだまだ上海、奥深い。

今日は2年前にtamioo日記印刷をした印刷会社に再び行ってきた。なつかしかったが、制作部の人々はほとんど変わっていた。前回、英語で応対してくれた、サブリナさん(中国人の女性コピーライター)も退職。あまりに意思疎通が出来なかったので、急遽、MSNメッセンジャーでサブリナさんに飛び入り参加してもらった。ノートをネットにつなげてもらって、google翻訳で、日本語→中国語で何とかコミュニケーション。でも、ゆっくりながらも、何とかなるなあ。何がすごいかって、インターネットとgoogle翻訳。すごい時代になったな。なかなか面白かった。今日は、見積もりを出してもらうのと、サンプル印刷をお願いした。サンプル印刷は一週間後できるみたい。そういえば、もうその時期はクリスマスじゃあないか。早いのお。上海のこの会社はめちゃくちゃ話が早い!ぐいぐい進んでいる感じがして気持ちが良い。このスピード感は素晴らしい。

今はアルコール56度の紅星という酒をチビチビ。寒いんでな。

0

コメントを残す